アリョーナ・ポリンさんについて (JP)

about-me Кристина Берц

アリョーナ・ポリンさんは親代々の魔女で千里眼の才も持っている人です。彼女は魔法の本や占い師や完全なタロットカードの一組などの著者です。魔女の王朝の親代々の能力が娘さんに続けられてます。長女のクリスティーナさんは14歳で「悪魔が私に言いました」という最初の魔法の本を出版しました。アリョーナ・ポリンさんは最強の魔女の帝国という国際的な魔法の組織の創立者です。彼女が天地を勉強して魔法も実行しています。アリョーナ・ポリンさんの全ての知識の源泉はすべての存在してあるものと存在しないのもの元々の単一の原泉です。その原泉が魔女に物質を知る能力を与えます。即ち魔法を民族と方向によって分けずに望みから物質的な物を作り出す能力を与えます。アリョーナ・ポリンさんの能力は無限です。アリョーナ・ポリンさんが魔女と魔法使いの叙任儀式を実行します。叙任儀式されると元々の単一の原泉から知識を取れるようになります。

「人々が魔法を民族や色や主教などに分けて夫々の神の司祭になりました。その統一の知識の層の切断は魔法の深さを学ぶ不完全な方法です」-アリョーナ・ポリンさんが言っています。

アリョーナ・ポリンさんは自分で出来た魔法の発見と魔術の成果で有名です。彼女の学生は自分の魔法の本を書いたり人々に手伝ったりしてうます。アリョーナ・ポリンさんは天地の秘密の知識を発見した最初の人です。我々の地球の一部は本当に杯だという事を示して繭と繭の減少について話しをして女の階級のような知識も発言しました。上記のような知識の発言はアリョーナ・ポリンさんが多く出来ました。現在、その知識は人々が自由に利用できます。

Об Империи Сильнейших Ведьм Отзывы

Пресс-центр / СМИ о нас Контакты